LINEで送る
Pocket

 

こんにちは。

ゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎です。

今回は「再現性の高いシャットフェーススイングの作り方をご紹介します。

 

PGAツアーでは、コリン・モリカワやダスティン・ジョンソンのようにフェースを閉じた「シャットフェース」のスイングをしている選手が多くいます。

シャットフェースなのかどうかを見分けるポイントですが、トップのフェースの向きが空を向いているかどうかが一つの基準になります。

 

シャットフェースのスイングは、インパクトゾーンでフェースローテーションが少なく方向に優れています。

その他にもメリットは多いのですが、フィジカル的な要素に恵まれないと飛距離が出ないというデメリットもあります。

 

私も選手時代はシャットフェースのスイングをしていましたが、飛距離はヘッドスピード50m/sでアベレージで280ヤードほどでした。

今は飛距離の出るスイングモデルに変えたことで、15年ほど年をとり、トレーニング量も減り筋力は当時よりかなり落ちていますが、ほとんどヘッドスピードも飛距離も変わりません。

選手時代に今のスイングをしていればもっと飛距離が出ていたと思います。

ということで、シャットフェースのスイングは飛距離よりも方向性を重視したい人におススメのスイングモデルです。

 

再現性の高いシャットフェーススイングを作るための動画をご紹介していますので、動画を参考にして練習に取り組んでみてください。

 

 

☆~~~~☆~~~~☆<< The Single Players TV >>☆~~~~☆~~~~☆

ゴルフが本気でうまくなりたい人必見!

今すぐYouTubeチャンネルのご視聴はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

The Single Players TV

 

☆~~~~☆~~~~☆<< The Single Player’s News&Report >>☆~~~~☆~~~~☆

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。
特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

jgsi_6

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント
吉田洋一郎オフィシャルホームページ  http://hiroichiro.com/

 

LINEで送る
Pocket