LINEで送る
Pocket

 

4月21日発売のゴルフ情報マガジンWaggleワッグルにて

連載中の「アメリカ発 巨匠コーチのスイングメソッド」。

 

今回はキーガン・ブラッドリーやレクシー・トンプソンなど多くのPGAツアープレーヤーを指導しているジム・マクリーンについてです。

日本でもおなじみのジム・マクリーンですが、もちろんアメリカでも尊敬されるコーチです。

ゴルフダイジェストトップ50インストラクターランキングの3位ですし、セミナーや講習会などにも引っ張りだこです。

そんな、ジム・マクリーンの凄いところは自身のレッスンスキルの進化を加速させているところです。

これくらいの巨匠になると、もう出来上がってしまっていてもおかしくないのですが、ジム・マクリーンはどんどん新しい機器や取り組みにチャレンジして自身のスキルアップを行っています。

ツアー会場で有名選手を教えてプロモーションするタイプではないジム・マクリーンが尊敬されるのはそのような姿勢が大きいと思います。

スイング分析の際に物静かに、でも説得力のある語り口には知性を感じますね。

 

そして、スキルの進化だけではなく、施設の進化もすごいことになっています。

ジム・マクリーンゴルフアカデミーがあるのは、マイアミにあるトランプナショナル・ドラルです。

そう、あのアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプがオーナーのゴルフ場です。

昨年までWGCキャディラック選手権が行われていた、あの「ブルーモンスター」です。

 

ジム・マクリーンゴルフアカデミーは2014年から通っていますが、当初はトランプが買収したばかりで大規模改修をしていました。

それが今ではピカピカです。

トランプ大統領っぽい金ピカゴージャス系+自画像多めの内装は相当お金をかけてフル改装をしたと言います。

たしかに2014年の時には建物の骨組みしかないくらいの状態でしたから、改装というか立て直しに近い感じですね。

 

そして、肝心のアカデミーです。

インドア5打席、屋外屋根つき15打席、芝打席数測定不能、フィッティングルームありの完璧すぎるアカデミーができていました。

それまで写真の右側にあるこじんまりとしたアカデミーがあったのですが、こんなのができてしまうのはトランプ大統領とジム・マクリーンだからできる技ですね。

アメリカで一番充実したアカデミー施設だと思います。

 

今回のワッグルの記事のために内容の再確認をジム・マクリーンにしたところ、即返信してくれて丁寧に補足説明までしてくれました。

いやー、ジムさんいつもありがとうございます!!

そんな、ジム・マクリーン本人監修のワッグルの巨匠コーチのスイングメソッドを是非ご覧ください!!

 

<< The Single Player’s News&Report >>———————————————–

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

無料メルマガの詳細・登録はこちらから。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

 

LINEで送る
Pocket