LINEで送る
Pocket


こんにちは、みすずです。
ゴルフ雑誌を読みながら、実際に試してみると、おぉ、これは良さそうというレッスンに出会うことがあります。
こういう出会いは大事にして続けていくといいのでしょうか。

吉田さんにお聞きしてみました。

 

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
ゴルフ雑誌だったり、上手な人のマネだったり、なんだか良さそうだと思うと自分でも試さずにはいられません。
そうすると、たまにすごく「これは上手くなりそうだ」と感じることがあります。
こういう出会いは大事にして続けていくといいのでしょうか。
吉田
なんで、それを試そうと考えたのかが気になるね。
特に理由はなくなんとなくよさそうだから試してみて、結果が良かったという話なら要注意だよ。
何か課題があってそのためのヒントになりそうならいいんだけど。
ちょっと試すことで元に戻れなくなることがあるから気を付けたいね。
違うことを試すと同じ感覚で振っていても、いい球が打てなくなることがある。
いつも同じスイングをしていても当たらなくなってしまうことがあるのがゴルフ。
感覚なんて一晩寝たらなくなるかもしれないよ。
みすず
いい球が打てなくなったら、路頭に迷ってしまいそうです(涙)。
また別の方法を探す旅に出かけないといけないかもしれません。
吉田
そうだと思う。
さらなるステップアップというより、また一からやり直しになると厳しいよね。
「自分はこういうクセがあるから、この方法を取り入れて、その結果こうなることを予想してやります」というストーリーがあることが大切だよ。
みすず
実際に試してみて良かったから、こっち!ではダメなのですね。
ゴルフもPDCAサイクルという概念が必要そうです。
吉田
よく海外のコーチが言うことだけど、「球を先生にしたらダメ」「球から教わったらダメ」
ということだね。
球の飛びとか当たったときの感触というのはたまたまの場合もある。
もっと再現性の高いロジカルなものを頼りにしたほうが良いかもね。
みすず
本人が良くなったと思っても、プロの目から見ると良くなっていないということもあるのですか?
吉田
よくあるよ。
たまたまタイミングがあっただけ、なんてこともよくあるからね。
感覚というつかみどころがないものを頼りにスイングを作っていく作業は、練習量や優れたセンスが必要だと思うな。プロならそれでいいけどアマチュアは厳しいかも。
家電とかだと、説明書読まずに勘でやってみて上手くいくことってあるけど、ゴルフでやみくもに試行錯誤するとわけが分からなくなってしまう。
みすず
私は、実際に手を動かしながら考えていくタイプだから、特に気を付けたいです。
吉田
ゴルフはプロでさえ迷宮入りしてしまうスポーツだからね。
みすず
難しいスポーツだと言われる意味が少し分かった気がします。
勉強になりました。
ありがとうございます。

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

☆~~~~☆~~~~☆<< The Single Player’s News&Report >>☆~~~~☆~~~~☆

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。
特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

jgsi_6

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント
吉田洋一郎オフィシャルホームページ  http://hiroichiro.com/

 

LINEで送る
Pocket