LINEで送る
Pocket

157520_360240[1] (2)

 

週刊ゴルフダイジェストにてジャスティン・トーマスのスイング分析を行いました。

トーマスはSBS・トーナメント・オブ・チャンピオンズと

ソニー・オープン・イン・ハワイで2連覇してブレイクしましたね。

ソニーオープンでは59も出しました。

新世代がどんどん出てきてPGAツアー盛り上がりますね。

 

トーマス選手はソニーオープンの14番パー4の左ドックで

左の木の上を越え、300ヤードのキャリーでショートカットしていきました。

解説の人も信じられないと言ってました(笑)。

スピースも最終日にトライしていましたが、

木を超えることができず林の中でした。

 

ジャスティン・トーマスは体格は大きくないですが、

300ヤードドライブを放つ飛ばし屋です。

そして、アイアンのキレがすごく、1メートル以内に付ける場面を多く見ました。

パッティングでスコアを作るというより、ショットでスコアを作るタイプです。

 

スイングの注目点は左足の伸び上がり。

インパクトで左足がつま先立ちになっていますが、これは意識的にジャンプをしたり、左足を伸ばしているわけではなく、グラウンド・リアクション・フォース(GRF)を使っているため伸びています。地面を押した反力で伸びています。

このGRFの発生によって上半身は最大に加速します。

体と腕のシンクロを保ったままスイングするため、ボールを押すようなインパクトゾーンの長いスイングが可能になります。

インパクトでの腕を振る感じがないのはそのためです。

トーマスがいわゆる「三角形キープ」の状態で方向性も維持しながら飛ばせるのは、GRFを最大限上半身に伝えられているためです。

ブレイクしたトーマスの今後に期待ですね。

今週も週刊ゴルフダイジェストにタイガーのPGAツアー復帰のレポートで出ていますのでご覧ください!!

 

 

<< The Single Player’s News&Report >>———————————————–

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

無料メルマガの詳細・登録はこちらから。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

jgsi_6

LINEで送る
Pocket