LINEで送る
Pocket

IMG_1876

こんにちは、みすずです。
皆さんバンカーは好きですか?今日はバンカーの練習方法について、吉田さんに聞きました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
完全に余談ですが、吉田さん、バンカーって「銀行家、銀行員」のことを差す言葉でもあるんですね。
ネットで「バンカー」と検索したら、出てきて、ちょっとビックリでした。
で、今日はバンカーの練習方法について教えてください。
よく聞くのは、砂に線を書いてそれを消す練習などがありますが、どう思われますか?
吉田
吉田は半沢直樹見てたからバンカーって知ってたよ。香川照之さん演じる常務の演技は面白かったなー。ゴルフに話を戻すと、バンカーで砂にアドレスの足のラインと直角な線を書いて線を消すのはけっこうメジャーな練習方法だと思うよ。ボール位置の後ろに線を引く感じだね。その線の少し後ろからダフらせながら線を消していくんだ。
この練習をやるのはいいと思うんだけど、線を消せたとしても間違った方法で
消していたらちょっともったいないかもね。
みすず
そうか・・・。今まで線を消すことばかり考えていました。今までの感じではバンカーから倍返しできないかもしれません。
吉田
普段苦しめられているバンカーに倍返ししたいよね(笑)。砂を削る練習の時、深く削れたり、浅く削れたりしていたんじゃないかな。すごい手前を打ってしまうこともある。
砂を削った跡である程度思い通りにできているのか、いないのかの判断することはできると思う。自分の打点などの傾向を知ることができるね。
みすず
たしかに、削った跡でわかりますよね。
それ以外に何かいい判断方法はありますか?
吉田
砂を削った時に出る音と削る深さがポイント。
バンカーショットって砂に向かってヘッドを鋭角にドスンと打ち込みなさいと
言われることがあると思うんだけど、そのイメージで振ると、
砂の中にヘッドが深く入ってしまうよね。
そうするとどうなる?
みすず
えっと、砂を深く掘ることになってしまって、飛ばない?
吉田
だよね。
硬い砂や目玉ならボールを出せるけど、柔らかい砂だとクラブが深く潜ってしまって厳しくなる・・・。昔のコースは砂がなかったり、硬い砂が多かったけど、今ではある程度砂がちゃんとあるからリーディングエッジを立てて上からドンのイメージは深く刺さるパターンが多いかもね。
だからフェースを開いてバンスを滑らせる打ち方を身につけておく方がいいと思う。
バンスを滑らせると、「パン」と軽い音がするから、
その音が出せるように練習することが大事。
みすず
「パン」という音が分かるような、分からないようなです。
吉田
そうだな~。
子供や家庭の庭で使うような小さいショベルの裏側で砂を叩く音をイメージするといいよ。
ショベルの裏で地面を叩けば地面に潜っていかないよね。実際試してみてもいいかもね。削る深さもショベルの裏側で砂を叩くぐらいの薄さを目指してみて。
そして、思っているよりもしっかりとヘッドを走らせて振りぬく。
ドスンというイメージで打ち込まない方がいいよ。
みすず
ショベルのイメージですね。
普段使うものでイメージするとよく分かりますね。
ありがとうございました。

今回の学び。バンカーの練習は、パンという軽い音がするか、薄く削れているかをチェックして練習しよう!

 

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

「JGSI Facebookページ」

<< The Single Player’s News&Report >>———————————————–

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

無料メルマガの詳細・登録はこちらから。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket