LINEで送る
Pocket

先日、吉田が発行するメールマガジンで質問を募集したところ、こんな質問をいただきました。

 

以下原文のまま

 

今日、機内のTVでジャック・ニクラウスのドキュメンタリーをみました。現在のスイングとは明らかに違いますが、やはりパワフルで素晴らしいスイングだと感嘆いたしました。ちなみに吉田コーチの一押しベストスインガープロのはだれですか?

 

スイングマニアの吉田にこの質問をぶつけてきてくれるなんて嬉しい限りじゃないですか。

もう、この話は何日もかかる話なので、長くなるので簡潔にいきますね。

 

今まで吉田はタイガー・ウッズからジョーダン・スピースまでPGAツアー選手のスイングを実際にコースで見てきました。

その中で現在PGAツアーに出ている選手でベストだとスイングは

「2014年のアダム・スコット選手」ですね。

 

IMG_1804

 

吉田は毎年PGAツアーを観戦していますが、その中で最も印象に残っている選手、スイングはアダム・スコット選手です。

2013年にマスターズで勝ち、2014年位はワールドランキング1位に君臨していたアダム・スコット選手。

マスターズでの18番でのガッツポーズ、カブレラとのプレーオフは今でも鮮明に記憶に残っています。

 

そんなアダム・スコット選手の絶好調な時期を2014年のソニーオープン・イン・ハワイで観戦することができました。

実際に現場で見た時のアダム・スコット選手のドライバーショットのインパクトは今でも脳裏に焼きついていますね。

 

全ての力がインパクトに凝縮された感じ。

まさにボールが押しつぶされる感覚。

インパクトの音。

振り抜きと弾道。

スイングバランス、リズムなどの見た目の美しさ

 

すごい衝撃を受けました。

力強さと芸術性の両方が備わったこれぞパーフェクトスイング!

クラブの動き、スイング中の一体感、体の使い方すべてがバランスよく無駄がない感じ。

アダム・スコット選手のスイングは吉田自身のスイングのお手本です。

マスターズで優勝し、ワールドランク1位になってからここ数年は勝っておらず気になっていましたがここにきて2連勝と復活してきましたね。

 

IMG_1796

 

実は今年2016年のソニー・オープン・イン・ハワイで吉田はアダム・スコット選手のプレーをじっくり観察する機会がありました。

その時の印象は全盛期のころのスイングとは違っていました。

一体感が少し緩み、昔に比べるとあまり体をアグレッシブに使う印象ではありませんでした。

アダム・スコット選手も若いと思っていましたが、もう35歳。

いやー、ビックリです。

 

 

PGAツアーではジョーダン・スピース選手、ジェイソン・デイ選手、ローリー・マキロイ選手のビッグ3(リッキー・ファウラー選手を含めたビッグ4かな!?)は皆20代。

松山選手もそうですね。

20代どころか20代前半の選手の活躍が目立ちます。

あるインタビューでアダム・スコット選手は自分を「老犬」だと表現していましたが、そんな年齢的な自覚もあるのでしょう。

年齢からくるスイングチェンジの必要性も感じているのかもしれません。

40歳からプロは体が変わって感覚と体のずれが生じて苦労すると言われていますが、アダム・スコット選手もそれを見越してクラブに仕事をさせるスイングに少しずつシフトしてきているように感じました。

 

 

 

吉田はトーナメントの際は必ず練習日に足を運びます。

それはあまり人がいないし、じっくり選手のプレーを見れるから。

ソニー・オープン・イン・ハワイの火曜日の練習日もほとんど人がいませんでした。

PGAツアーではビッグトーナメントではない場合や、地元にゴルフを熱心に行っている地域ではない場合は練習日に全然人がいないという現象が起きます。

メジャートーナメントは練習日から練習場での見学もままなりませんが、人気選手が出ていない試合は本当にビックリするくらい人がいない場合があります。

今回のソニーオープン・イン・ハワイもトップランカーはお休みの試合です。

練習日はもちろんガラガラ。

練習場に少し人がいるだけでラウンドにまで足を運ぶ人は数名程度。

 

 

アダム・スコット選手のラウンドに同行しましたが、最初は吉田と年配夫婦のみ。

しかも2ホール目でアダム・スコット選手に写真を撮ってもらいご満悦で即退散。

それだけが目的かい!

その後はなんと吉田とアダム・スコット選手とキャディーの3人の世界。

IMG_1829

あらゆる角度からやたらと写真を撮りまくる謎の東洋人。

じーっとスイングを凝視する謎の東洋人。

ハワイに妙に馴染んだ花柄シャツを着た謎の東洋人。

あやしいです。

「どこまで着いてくる気だ?」

「何が目的だ?」

そんなアダム・スコット選手の声が聞こえてきそうな写真週刊誌のカメラマン並みの密着マークを行うマンツーマンの観客。

向こうも意識せざるを得ないほど貸切り状態の空間。

このチキンレースをどこで終わらせるのか迷っていたところ、

そんな状態から抜け出したきっかけはザック・ジョンソン選手。

IMG_1876

隣のホールにいるではないですか。

それにしてもトーナメントに行くといつもザック・ジョンソン選手に会うなー。

練習も試合も大好きなのでしょうね。

おとなしそうですが、意外に話好きです。

 

 

アダム・スコット選手が変わった点はなんといってもパッティング。

長尺パターが使用できないので短いノーマルパターに変更しました。

IMG_1823

 

持ち方は変則のクローグリップ。

右手の持ち方を工夫して長尺パターと同じようにイメージを出したいのでしょうね。

吉田も選手時代は長尺パターを使っていた時期があります。

あのオートマチック感は痺れる場面で助けられるんですよね。

ノーマルパターは長尺パターに比べてヘッドの動きが少なくなるので、重めのパターで支点を中心にして右手で振り子の加速を調整する感じになるでしょうね。

グリーンでは入念にパッティング練習をしていました。

 

 

 

 

あと、アダム・スコット選手の良いところは本当にナイスガイなところですね。

自らすすんでサインにも応じてくれます。

全米オープンでは練習場の観客に30分くらいずっとサインしていましたね。

そんなことをするのはアダム・スコット選手くらいでした。

そこでは同業者としてミーハーな心を抑えて写真もサインももらいませんでした。

 

 

そして姿勢と歩き方が良いこと。

歩くだけで正統派アスリートの雰囲気があります。

 

 

 

今年もそろそろマスターズ。

2連勝と調子を上げてきたアダム・スコット選手がマスターズで完全復活というシナリオも十分現実味を帯びてきましたね。

Go! Adam!

 

※本記事は弊社顧問弁護士の肖像権に関する指導の下作成しております。こちらの気づかない不備等ありましたらお知らせください。

 

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

 

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除してください。

 

ローリスク・ハイリターンです。

 

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メールマガジンに登録する

 

—————————————————————-

 

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント 吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ

 http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket