LINEで送る
Pocket

img_2055 

こんにちは、みすずです。
ゴルファーにとって欠かせないクラブが「ドライバー」。
最大の飛距離を生み出すクラブですが、大きくミスするのもドライバーの場合が多く、予期せぬ方向へ飛んでいくこともあります。
そんな話を吉田さんにしたところ「スプーン(3W)」を使ってみたら!というアドバイスをもらいました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
最近、ドライバーの調子が悪いんです。ドライバーの方向性を高めたくて、最近短く持って振るという練習をしていますが、どう思いますか?
吉田
たしかに、短く持つと方向性は良くなるよね。
ただ、短く持てば持つほど、飛ばなくなったりする可能性もあるけど大丈夫かな。
みすず
それが悩ましくて。安心感はあるんですが、距離が飛んでない気がするし、思い切り振れなくなってスイングが小さくなっているような気がしています。
吉田
狭いホールはドライバーを短く持つということで対応するのもいいと思う。強振しないでラインを出していく感じだね。
それと、もう一つお薦めなのは3W(スプーン)を使ってみることだね。
みすず
えーーっ、スプーン(3W)ですか!
なんだかスプーンを使うと周りから「今日は弱気だね」「何カッコつけて戦略とか考えちゃってるの?」なんて言われそうで
正直あまり気が進まないのですが・・・
吉田
確かにそう思われるかもしれない。でも、スコアを良くする方が大事だと思うなら試してみる価値はあるよ。
ヘンリック・ステンソン選手は、ティーショットでよくスプーンを使っている。
こんなに頻繁に使うの!と思うほどに。2016年の全英オープンの最終日は1回しかドライバーを使用しなかった。一緒に周っているフィル・ミケルソン選手がドライバーを使っているときでもスプーン(3W)だったね。毎ホールフェアウェイキープをしていた印象だったね。ステンソンが機会に見えるくらいの精度だったよ。
みすず
そうなんですね。
スプーン(3W)を使っても飛んでいましたか?
吉田
びっくりなんだけど、ミケルソン選手と同じぐらい飛ばしていたよ。300ヤードは飛んでたね。
みすず
そんなに飛んでいたのですね。スプーン(3W)を甘くみていました。
吉田
TOTOジャパンクラシックで太平洋クラブ美野里に来日していた世界ランク2位のLPGAツアープレーヤーのアリヤ・ジュタヌガンはドライバーを入れていないんだ。長いクラブはスプーン(3W)と2Iしかない。ジュタヌガンのプレーぶりを見たことあるけど、スプーンのティーショットが他の選手のドライバーより30ヤード先に行っていた。270~280飛んでたね。それに、女子で2Iって・・・。男子でも2I使いこなすのはなかなか大変だよ。
みすず
2アイアンは見たこともないです・・・。ジュタヌガン選手はちょっと規格外な感じですね。でも、意外とスプーンを多用している選手がいるんですね。
吉田
スプーン(3W)は、ヘッドは小さいけどロフトがあるからバックスピンがかかって左右に曲がりにくいんだよね。そして、シャフトが短いから振り遅れる心配も少ない。振り遅れてプッシュアウトするタイプには特におススメだよ。スプーンは安心して振れるため、逆に飛距離が伸びたりする場合もある。吉田も選手時代にスプーンでオーバードライブされたことがある。吉田は300ヤード弱は飛ばせたから、その選手がすごいんだろうね。でも、ショックだったな。もし、スプーンで相手のドライバーと同じくらい飛んだらビックリするね。
ドライバーを短く握るのも1つだけど、スプーンをティーショットで
使うことも選択肢の1つとして考えてもいいと思うよ。
みすず
「狭くて嫌だな」と思う時は、スプーン(3W)で!ですね。
周りの目は気にしないようにして試してみます。
ありがとうございました。

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

 

ローリスク・ハイリターンです。

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メルマガを購読する

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket