LINEで送る
Pocket

_P2A8696こんにちは。
みすずです。

突然ですが、皆さん、ショートパットとロングパットでは、
どちらが打つ前に緊張しますか?
私の周りではショートパットに苦手意識を持っている人が多い気がします。

そこで今回は、パットをうまく打つために欠かせない素振りについて吉田さんに聞いてみました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
皆さんパッティングの前に素振りをすると思うのですが、
素振りってどんな目的でやるといいのでしょうか?
吉田
体がスムーズに動くようにすることや
距離感を把握できるようにするため
などの目的があると思うよ。
みすず
「距離感の把握」なのですが、
ショートパットのときも考えた方がいいですか?
吉田
ショートパットではラインばかり気にしがちだと思うけど、
距離感は大事だね。
どの距離でも距離感を意識して球のスピードをコントロールしたいね。
球の速さが変わると曲がり方も変わってくるから。
みすず
なるほど・・・。
そしたらショートパットのときもロングパットのときも、
同じような感じで素振りをするといいのでしょうか?
吉田
基本的には同じでいいと思うよ。
素振りはルーティン化するのが、オススメだね。
ここはショートかな?ロングかな?と考えると、逆に意識して緊張する気がするし。
同じ方が落ち着くでしょう。余計なことを考えずに済むから。
みすず
たしかに。
何をもってショートパットとするのか、という別の意味での迷いが生まれそうですものね。
ちなみに、素振りをする位置はアドレスに入ってから行うイメージでいいですか?
吉田
それも悪くないけど、ポールの後ろに立って、
できればカップに対して正対した方がいいかな。距離感を把握しやすくなるよ。
みすず
ふむふむ。
こうして話をしているだけだと、分かったような気になりますが、
実践で試してみたら、また迷いが出てくるかもしれません。
また悩んだら相談させてください。

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

 

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

 

ローリスク・ハイリターンです。

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メルマガを購読する

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

 

LINEで送る
Pocket