LINEで送る
Pocket

_P2A8687

こんにちは、みすずです。

ゴルフ好きな人が持っていることが多い練習器具の1つ「パターマット」ですが、活用できていますか?
どこかにあったはず・・・、そこにあるんだけど埃がたまってきて近寄りたくない・・・、
なんて声もあるとか、ないとか。
そこで今回は、パターマットを使った練習について取り上げます。
練習を継続するコツもお伝えしますよ。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
パターマットを使った練習ってどうですか?
吉田
持っている人多いよね。
もちろん、やらないよりは、やった方がいいし、
1日10分でいいから毎日やると全然違ってくるよ。
みすず
どういう練習がいいですか?
吉田
距離感よりも方向性を意識した練習がいいかな。
1メートルぐらいの距離をひたすらやる。
アマチュアは1メートルって意外と外す距離だと思うよ。
1メートルを確実に入れられるようになれば、
それ以上の距離も入る確率が上がってくると思うよ。
できればまっすぐにただ打つだけではなくて、他の練習器具を併用するのがおすすめ。
軌道を矯正するような練習器具、
打点の幅を限定して打つような練習器具、
方向性をチェックするような練習器具
などがいいんじゃないかな。
こういうメカニカルな部分の練習を継続していると、フォームが安定してくると思うよ。
みすず
ただ打つだけよりも楽しそうですね。
パターマットを使った練習って、毎日やると正直飽きちゃうというか、
続けるのが難しいなと思うのですが、何かいい方法はありますか?
吉田
続けられない気持ちはわかるよ。
絶対にやるという環境を作り出すことが大事だよね。
シングルの人で、家の玄関にパターマットをおいて、10球連続で入らないと、
家に入れないというルールを決めている人がいると聞いたことがあるよ。
疲れていても、眠くても、家族の機嫌が悪くても、
パットを決めないと言えに入れない・・・。ストイックだね。
イライラしていることがあっても、その精神状態のまま入れるのは困難だから
気持ちを落ち着かせるメンタルスキルも身に付くかもね。
さすがにここまでは難しいかもしれないけど、
食事ができないとか、トイレに入れないとか、何かルールを決めて、
強制力を働かせるのが継続のポイントだと思うな。
みすず
なるほど!
日常生活の中に練習を取り込んでしまうのですね。
私は「3球連続で入らないとビールが飲めない」にします!
ビールが美味しくなりそう^^
今日もありがとうございました。

 

今回の学び。パターマットを使った練習は、他の練習器具を組み合わせるのがおすすめ。距離は1m。継続するためのポイントは「強制力」!

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

 

ローリスク・ハイリターンです。

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メルマガを購読する

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket