LINEで送る
Pocket

こんにちは、みすずです。

今日はパターの練習をする距離について吉田さんに教えていただきましたので、
みなさんにもご紹介します。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
パッティングではショートパットやロングパットなど様々な距離がありますが、
普段の練習でパターの練習をするときの距離ってどれぐらいがいいと思いますか?
吉田
ラウンド前やラウンド後等いろいろなシュチュエーションによって変わるけど、
特に普段の練習では1メートルだけやればOKだと思うよ。
みすず
えぇぇぇーー!
そんな短い距離ですか!?
私はいつも5メートルぐらいの練習をこれまでやっていました。
吉田
たしかに、ラウンド前なら5メートルもありだけど、
ラウンド後の練習や自宅での練習では1メートルくらいの
パターの練習をしたほうが良いと思うよ。
みすず
はい・・・。
なぜ吉田さんは1メートルの練習を推奨するんでしょうか?
吉田
1メートルって距離は、しっかりと決めることが求められる大事な距離だよね。
だけど、実際はどうかな?
結構この短い距離を外してしまう人多いんじゃないかな。
長いパットは、どうしても距離感というのもあるから、毎回決めるのは難しくなる。
そして、最終的に残るのは1メートル前後ってこと多いよね。
だから自信を持って1メートルを決められるようにすることが大事になる。
みすず
たしかに1メートルポロポロ外している気がします・・・。
吉田
さらにいつも練習している 5メートルの距離だと入る確率どれくらいになるかな?
みすず
入ったらラッキーといった感じですね。
吉田
そう、難しいよね。
アマチュアが5メートルを決める確率は一桁台だと思うよ。
距離感の練習ならいいけど、それならもう少し長い距離を行ったほうが良いかもね。
みすず
何%とか言われてしまうと、ちょっと傷つきますが、
これが現実なんですよね。
吉田
まぁまぁ、落ち込まないで!
1メートルぐらいのパッドはどう?
どんなに外す人でも50パーセントくらいは入ると思う。
この距離の確率を高めていけば、ラウンドトータルで3~5打変わってくるでしょう?
みすず
たしかに、おっしゃる通りです。
吉田
1メートル以内なら必ず入れられるという自信ができれば、
5メートルでも次のパットを安心して打てるでしょう。まさに相乗効果!
1メートルが入るようになったら、きっともう少し長い距離も入るようになるよ。
ストローク、向き、スピードを適切に調整できるようになって、
ストロークのメカニックもできあがるから。
逆に言うと、1メートルが入らない人は距離が長くなっても入らないね。
みすず
すごく納得です。
ちなみにゴルフ場でのオススメの練習方法はありますか?
吉田
ゴルフ場で、カップの周り1メートルくらいのところから
ボールをいくつか並べて打ってみるのはどうかな?
10個並べて9個入れば合格!
半分なら何か課題があるはずだよ。
もちろん自宅のパターマットでもいいと思うよ。
今日から家のどこかに行ってしまったパターマットを探して練習してみてね(笑)。
みすず
ドキ!!パターマットが物置でほこりを被っていることまでお見通しでしたか(汗)。今回もありがとうございました。

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

<< The Single Player’s News&Report >>———————————————–

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

無料メルマガの詳細・登録はこちらから。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket