LINEで送る
Pocket


こんにちは、みすずです。
今回はパッティングにお悩みの方にぜひお読みいただきたい内容です。
パッティングにも形があり、その形を知ることでやるべき練習が見えてきます。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
吉田さんの最新著書『ワッグルゴルフブック 世界標準 シングルになれるパット術 ロジカル・パッティング』を読んで以来、プロ選手のパターを見るときに、どちらのタイプのストロークなのかなと考えることが増えました。
吉田
パッティングはスイングほど多くの理論がないとはいえ、「振り子派」と「直線派」の2つに分けられると言い切ったときは、編集者から「すごい」と言われたよ。
1つ、2つだけを見てきたんだったら、○○理論とか言いたくなると思うんだけど、多くのパッティング専門のコーチに指導方法を学んできたから、言い切れたんだなと思う。
みすず
2タイプっていうのが、シンプルで分かりやすかったです。
ネーミングも言葉だけでイメージしやすくていいですね。
体に支点を作って腕とパターを振り子のように動かすストロークが「振り子派」。
ホウキで掃くように真っ直ぐに動かすストロークが「直線派」。
吉田
ゴルフって何が正しいのかが分からないという声をよく聞くんだけど、ある程度タイプを分けてあげると、すっきり理解してもらえることが多いね。
先日、パターに関するセミナーをやったときも、この2タイプが混ざってしまっている人が多かったよ。
手元とかヘッドを直線的に使いたいのに、体は振り子の動きになってしまっていて、悩んでいるとかね。
みすず
そういうケースもあるのですね。
吉田
実は吉田も混ざってしまうというのはよく分かるんだよね。
選手時代、直線的な動きをしようとしているのに、体の回転で打とうとしていて、何かがずれていたんだと思う。
その時は理論的な部分で頭の中が整理されていなかったのも大きかったね。
みすず
今は吉田さんが「振り子派」と「直線派」に分けてくださったので、混乱しなくて済むようになりました。
吉田
もちろん両方の要素が入る「ハイブリッド型」もあるけれども、混ざってぐちゃぐちゃになるのは良くないね。
2タイプに分けられることを知ると、参考になるプロも見極められるようになるから、この考え方をもっと知って欲しいなと思っているよ。
みすず
1つ質問なのですが、どっちの方が良いとかありますか?
吉田
すぐそういう話になるんだよね(^^;
自分の体の動きを基準にして決めてもらうのがいいかなと思うよ。
例えば、胸の部分を独立して動かせる人は振り子タイプが合うけど、上半身を動かさずに手だけ動かしてしまう人は振り子の動きはできないから直線タイプになってしまうね。
あとは猫背の人も直線タイプがいいと思う。
みすず
体の機能を優先して決めるのですね。
他にもありますか?
吉田
あとはその人の持っているイメージも大事にしていいと思うよ。
セミナーの参加者で、パターが動くイメージがインサイドインでフェースを開閉すると、どうしても点でとらえる感覚になってしまうという人がいた。そういう人はゾーンでとらえるイメージを持ってフェースを開閉しないでまっすぐに方向性を出すようにストロークする直線タイプを選ぶのもひとつ。
詳しくは日刊のコラムでも書いているから、そちらもあわせて読んでもらえると嬉しいね。
パッティングは「振る」か「掃く」か
みすず
コラムのご紹介ありがとうございます。
詳しく解説されていて、勉強になります。
皆さんもぜひご覧ください。
ありがとうございました!

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

☆~~~~☆~~~~☆<< The Single Player’s News&Report >>☆~~~~☆~~~~☆

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。
特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

jgsi_6

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント
吉田洋一郎オフィシャルホームページ  http://hiroichiro.com/

 

LINEで送る
Pocket