LINEで送る
Pocket

_P2A8661-2こんにちは、みすずです。

ゴルフ雑誌やレッスンでの説明って、実際に一人でやってみようと思うと、
あれ?これってどういう意味?と感じることはありませんか。
私はよくあります・・・(焦)

 

今回はその中から「力を抜く」「脱力する」とはどういうことか吉田さんに聞いてみました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
ゴルフでは、よく「力を抜いてください」「脱力してください」って言いますよね?
この表現、分かったような分からないようなという感じなんです。
どう理解したらいいですか?
吉田
よく見聞きする表現だよね。ちょうど昨日、週刊ゴルフダイジェストの取材を受けた時も脱力についても話が出てきたね。
たしかにアマチュアの方は球を遠くに飛ばすのには力も必要なのに、「力を抜く」というから
よく分からなくなるよね。
みすず
そう!うまく説明できなかったのですが、そうなんです。
そして力を抜いて打とうとすると、球に当たらないという・・・(涙)
吉田
脱力することで当たらなくなる人は結構いるよ。根本的な解決にならない場合があるから、吉田は滅多に脱力してくださいって言わないね。そもそも脱力できない場合が多いしね。結果として脱力できるようになればいいんじゃない。
みすず
そうなんですね。脱力すると当たらなくなるのはなぜでしょう?
吉田
スイング自体が、何かを修正しないと当たらない状態になっていたことが原因と考えられるね。だから修正するために力が入れていたんだと思うよ。
クラブのポジショニングが悪くなっていてそれを戻すために力をいれないといけないのに、そこで脱力してしまうとうまくアジャストできなくなるということが考えられるね。
みすず
 そもそも力を入れないと打てない状態になっている可能性があるのですね!だから当たらないんですか。
吉田
 スイング中に力が入る人は2パターンだね。さっきの「動きを修正するために力が入る人」と「動くべきところが動かずに力が入る人」。「動きべきところが動かずに力が入る」人は本来動くべき個所が動かないことで力を入れて補おうとするんだ。例えばトップポジションは問題ないのに切り替えしで下半身が動かず、トップからいきなり腕に力を入れて振り下ろすということがよくある。そうすると軌道に問題が出るよね。そういう人はトップで力を抜くだけでなく、他の部分を動かすようにする必要があるね。
みすず
色々なパターンがあるものなのですね。
吉田
そうだね。
だから力を抜くということはすごく大事だけれども、
そもそもスキル的な部分の改善が必要かどうかの判断は必要だと思うよ。
力を抜く=全ての問題がオールクリアされるというほどスイングは単純じゃないね。
みすず
改善にも順番があるわけですね。分かりました。
吉田
力を抜く部分、緊張感が必要な部分というのがあるから、
全体的なスイングを見直したうえで、どこを脱力するか考えるといいと思うよ。
ゴルフスイングはどこに力を入れるのがよいのか?[Q&A]もあわせて
読んでもらえるといいかな。
みすず
はい。ありがとうございました!

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

 

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

 

ローリスク・ハイリターンです。

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メルマガを購読する

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

 

LINEで送る
Pocket