LINEで送る
Pocket

こんにちは、みすずです。

宮里藍選手の引退は、衝撃でした……。まだ31歳なのですよね。
寂しくて、気持ちにぽっかりと穴が開いたような感じです。

さて今回は、吉田さんにアメリカと日本のレッスン事情の違いについてお聞きしました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
吉田さんは、ゴルフの勉強のためにアメリカに行かれていますが、
日本と米国のレッスンってやはり違うのでしょうか?
吉田
そりゃあ、わざわざアメリカまで行くからにはそれなりの理由がある。
でも、アマチュアから見るとそもそも日本とアメリカの
両方を知らないから同じような感じに見えて違いがわからないかもしれないね。
今回は欧米のレッスンについて話そうかと思う。
ますはティーチングのレベルについて説明していこうかな。
ティーチングには以下の3つのレベルが存在していると思う。
1から3になるほど難しく、高度な知識と経験が必要になるんだ。
①自分経験したスイングノウハウを教える
②スイングメソッドを教える
③その人に合ったスイングを教える
この3つの段階ではかなりのレベルの差がある。
みすず
なるほどです。
例えば、①の方法だと、吉田さんと私は性別も違いますし、
身長差や体の筋力や柔軟性も違うので、
吉田さんと同じことをやっても上手くなれない気がしました。
吉田
そうだね。
吉田が上手くなった方法をみすずさんが試しても上手くいかないと思う。
特に選手時代は筋力がいる打ち方をしていたからね。
自分がうまくいった方法ということだけでは
根拠や説得力が弱いし、再現性があるとは思えないよね。
「言っていることはわかるし、
プレーがスゴイのはわかるけどマネできないよね・・・。」
と、言われてしまうパターンだね。
現在のアメリカだと①の方法はあまり見ないね。
以前はPGAプレーヤーが自身のスイングについて語る
本やビデオがたくさんあって流行ったことがあったけど、今は流行らない。
それにコーチの独自理論みたいなものもあまり出てこない傾向にあるね。
そもそも独自理論って自分で考えただけの可能性もある。
ちゃんとした裏付けがあればいいけど、感覚的な話は通用しない。
教える側の感覚が他の人にも合うかというとそうではないと思うし、
身体的にも異なるわけだからね。
みすず
②の方法はどうですか?
吉田
この方法は90年代から出てきて、アメリカで全盛期だったのは、
デビッド・レッドベターの頃かな。
そのころ有名だったのは「アスレチックスイング」。
そのあとスタック&チルトや最近のAスイングなどのメソッドが出てきているよね。
みんなが当たり前だと思っている、
「スイング中は常にオンプレーンでスクエアフェースが良い」
という考え方もある意味型にはめていると言えるよね。
でも、このような型に当てはめていくメソッドは
ゴルファーの30%ぐらいしか合わないと言われているよ。
みすず
30%ですか・・・。
ハマればいいですが、3人に1人くらいしか上手くいかないわけですね。

 

 

吉田
そうなんだ。
型にはめるのは教える方は楽だけど効果が出るとは限らない。
だから誰にでも合うレッスン手法が求められてきている。
③の方法は、その人に合ったスイングを追求していきたいよねという話。
スイングメソッドをクライアントに合わせるのではなく、
クライアントにスイングメソッドや理論を合せる形式になる。
物理学や解剖学、バイオメカニクスなど
学問をバックボーンとしたレッスンの知識を用いて行う手法が多いね。
特にバイオメカニクスは5年前くらいからアメリカで広がってきているよ。
みすず
けっこう最近なんですね。
吉田
昔から物理学や幾何学をバックグラウンドにした教本もあったんだけどね。
みすず
そうなのですね。大学で勉強するんですか?
吉田
大学で学ぶ人もいるけど、そこまでしなくても知識を得られるようになってきた。
大学教授がゴルフに必要な学問の基礎知識を教えてくれることもある。
どんどんレッスンが可視化、数値化されてきているから
その数字の「なぜ?」ということを理解する必要が出てきている。
高価な機械を持っていても読み解き方をわからなければ全く役に立たないからね。
コーチとしては、色々なパターンを合わせていかないといけないから、
求められるスキルも高くなってきていると感じる。
クライアントを改善する再現性と確率を高めるために
みんなすごく勉強をしているよ。
みすず
ゴルフレッスンって、ものすごく専門性が高い仕事なんですね。
吉田
小難しく考えすぎじゃないって思われるかもしれないけど、
知れば知るほど知らないといけないことがたくさんある世界なんだ。
底なしの泥沼に足を突っ込んでしまった感じだよ。
そもそもその世界を知らない方が楽かもしれないね(笑)。
何の仕事でもそうだと思うけど一生勉強なんじゃないかな。
みすず
たしかに一生勉強ですね。ありがとうございました!

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

<< The Single Player’s News&Report >>———————————————–

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

無料メルマガの詳細・登録はこちらから。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

LINEで送る
Pocket