LINEで送る
Pocket

 

こんにちは。ゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎です。

もう読んでいただけました?
驚異の反力打法。
もしかしたらまだの方がたくさんいるかもしれません。
それもそのはず。
オンラインのアマゾン、楽天、紀伊国屋書店などでは売れ行き好調で在庫なしになっています。
アマゾンでもゴルフ部門はもちろん1位、スポーツ部門で15位(単行本では3位)、総合で200位に入るなどなかなか好調な出だしのようです。
そして、発売10日を待たずにあっという間の増刷!
ちょっと難しいかなと思いましたが、内容の良さがわかる人がたくさんいてくれてうれしいですね。

更に今回は書籍の感想を送っていただいた方がいます。
早速試して競技で優勝されたというご報告をいただきました。
「吉田さー、もう・・・やりすぎだヨー。どうせヤラセでしょ。」
ええ。たしかにそう言われてもおかしくないほどのできすぎな結果です。

本出る→爆売れ→読んだら結果出る
非の打ち所のない完璧なストーリですよ。
でも、本当に起こったことなんです。
ご紹介しますのでご覧になってください。

 

以下、メールをいただいたMさんより・・・・・・・・

 

大ヒットおめでとうございます!!

読んで練習してます。
読んだ直後は興奮しすぎて知恵熱がでそうでした。
明日コースで、まずは下半身の重心移動から試してみます。
わくわくです。
吉田プロによる第2章実践編が特に優れていますね。
クオン教授も本望でしょう。
3つの軸など第1章では少しわかりにくいですが、第2章で写真入りで解説があり、よく理解できました。
長年プレーしていてうすうすは感づいていたけれど、要するにそういうことだったのか、と頭の中の霧がはれた箇所もたくさんありました。

 

反力打法はしっかり原理を理解して正しく練習にとりくまないとかえってスイングを崩しかねません。
本書(本家本元の正統派反力打法指南書)がでたことで、ネットやちまたに氾濫する反力打法まがいの犠牲者ゴルファーが大いに減り、未知の飛距離を手にいれる幸せなゴルファーがあふれることを確信します。

 

 

はい、ここまでが1通目です。
興奮されている感じが伝わってきますね。
そうなんです。
断片的ではなく、原理原則を理解しないと地面反力は使えません。
非常にクレバーな視点だと思います。

そしてここからその次の日のメールになります。

 

 

昨日の続報です。
今日ホームコースでの女子研修会(という名の競技)で優勝しました。

81(39.42) ネット73。ベスグロ(タイ)もとりました。

原因?

反力打法の本を読んで試してみたら、飛距離が伸びたことです。
大げさに言ったり一喜一憂するのは好みでないので、控えめにいいますがドライバーで15ヤードは伸びたと思います。
今日試したのは「バックスイングで右かかとに踏み込みと左つま先に圧をかける。ダウンスイングで左かかとに踏み込む」うまくタイミングがあうとあっけないほど簡単に飛びます。
元々リリースがうまくないので時々振り遅れがでますが、それでも以前よりかなり飛んでる気がします。

 

 

アイアンやウエッジなどはダフッたりひっかけたりでまだまだですが、これから運動連鎖を正しくして、地面反力を使ってとやるべきこと、伸びしろが大きいので楽しみで仕方ありません。

 

 

パッティングは大きなワングリーンでしたが3パットゼロ、読み違えが2度ほどありましたがあとはほぼノーミスでした。
吉田コーチのご著書「ロジカルパッティング」を読み返しアドレスと目線を常にチェックしているのが奏功しています。大好きなジャスティン・ローズをまねて
クローグリップで練習したのもよかったのかも。
そして最近覚えたのは、いわゆる「エイムポイント」とは違いますが、近眼老眼乱視の目(笑)に頼らず足の裏で傾斜をよむこと。キャディさんに頼ることなくかなり正確にラインが読めるようになりました。

 

 

さて、まったく吉田コーチのおっしゃる通りだと思います。壁を超えるには同じことを漫然と繰り返していたのでは無理です。でも何をどうしたらよいのかわからずここ1年ほどモチベーションがかなり落ちていました。

 

 

「反力打法」の本のおかげでもっとやれる気がしてきました。
まだ全然試し始めたばかりなので、もっと飛ぶと思います。
第2章の「ミッドハンドフォース」ができれば振り遅れは減りさらにもっと飛ばせ方向性が向上するでしょう。

 

 

オフシーズンの楽しみができました。
まずは何度も読み返して正しく理解することが第一。
寒いのが苦手なので(苦笑)コースにはしばらくでないかも。インドアなどで体の動きやクラブの動きを確認しつつ取り組んでいきたいと思います。

 

 

去年の月例に続く優勝です。
とりあえず今日は勝利の美酒に浸ります。

 

 

 

いやー、よかったですね!
おめでとうございます!
ここまで詳細かつ熱狂的な文章をいただいて涙が出そうになりましたよ。
苦労して書籍を出した甲斐がありました。
クォン教授や書籍に関わってくれた方も喜んでくれるでしょう。

 

 

しかしですよ。
いきなり読んで試して上手くいくのはMさんの元々のスイングがしっかりしているからできることです。
皆さんがいきなり試しても上手くいかない場合がありますので気を付けてくださいね。

 

吉田はこんなおいしい話ばかりで終わらせません。
ここからは上手くいかなかった人の話。
みなさん、こっちのほうがお好きではありませんか?
上手くいかなかった人のフリ見て我がフリ直してください。

 

 

 

反力打法を読んでレッスンに来たIさんの話・・・・・・・・・・・・・・

 

Iさん「反力打法見てためしたんですけど、どうしても左への踏み込みができないんですよ。体がどうしても伸びちゃうんです。それに昨日のラウンドではシャンク5発出て心が折れそうでした」

 

吉田「そうですか。じゃあとりあえずスイング分析してみますか」

 

 

スイングをビデオ撮影して分析。

 

吉田「Iさん、これじゃシャンクしますね。それにこれじゃどうしたって左に踏み込めませんよ」

 

Iさん「え?どういうことですか?」

 

吉田「バックスイングで頭半個分くらい沈み込んでますよね。そしたら次はダウンスイングで伸びますよね。手元が浮いて流れればシャンクもするし、起き上がれば左にだって踏み込めませんよ。」

 

Iさん「えええええええええええーーーーーーーーーーーーーー(ビックリするくらい大きい声でした(汗))、自分ではバックスイングで沈んでいるなんて全然思っていませんでした。本読んでバックスイングはできている前提でいました。だから左に踏み込めなくておかしいなと思っていたんです。」

 

吉田「自分ができている前提からスタートしがちなんで気づかないことが多いですよね。本に書いてある通りのバックスイングをしてみてください。」

 

 

バックスイングで上に伸びるような動きに変えてビデオ撮影して分析

 

 

Iさん「うおーーーーーーーーーー!ダウンスイングで踏み込んで沈めている!バックスイングで相当伸びている感じですがこれで同じ高さなんですね。今まで右の股関節に体重乗せて膝を曲げて頑張っている感を出していたんですがいらないんですかね?」

 

吉田「それいらないです。そんなテンションあると腰痛くありません?」

 

Iさん「そうなんです!そうなんです!右腰が痛くて整骨院に通ったんです。スイングのせいで痛めたんですね。いやー、ビックリしました。でも希望が見えてきました。」

 

 

と、まぁこんな感じのやり取りをしたわけです。
試しても上手くいかない人は「自分でできていると思ったことができていない」、「前提が違う」など何かしらの問題があるケースが多いです。特にバックスイングで沈むと次はダウンスイングで伸びるしかありません。

そんなことも気を付けながら、反力打法読んでみてください。
試さなくても知識として知っておくと役に立つことばかりです。
ティーチングプロもたくさん買っているみたいなので、アマチュアにも当然役に立ちますよ。
感想もお待ちしております。
おもしろい内容、みなさんのタメになる内容はご紹介しますのでよろしくおねがいします!

まだ読んでない方は立ち読みもできますのでこちらでどうぞ!

 

書籍立ち読み付き!『飛ばしたいならバイオメカ!驚異の反力打法』

 

☆~~~~☆~~~~☆<< The Single Player’s News&Report >>☆~~~~☆~~~~☆

The Single Player’s News&Reportではシングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。
特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

ローリスク・ハイリターンです。

今すぐ無料メルマガに登録したい方はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
お名前
メールアドレス

jgsi_6

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント
吉田洋一郎オフィシャルホームページ  http://hiroichiro.com/

 

LINEで送る
Pocket