LINEで送る
Pocket

 

_P2A8652-2こんにちは、みすずです。

今回は、「打ち下ろし」でのショットについて吉田さんに聞いてみました。

☆~~~~☆~~~~☆

みすず
「打ち下ろし」でのショットってどうも苦手で、
そういう場面になるとテンションも下がってしまいます・・・。
何かコツってありますか?
吉田
「打ち下ろし」のホールを苦手とする人は多いよね。景色が普段とは全く違うから違和感を覚える人はいるよね。普通に打つと球が上がってしまうような錯覚もするしね。
打ち下ろしでは吉田は、低い球を打つようなイメージで打っているよ。
ティーショットの場合、打ち下ろしているから左右にハザードがあったとしたら、
そこに入りやすいというのは分かるかな?
もし打ち上げていれば、傾斜で止まるので、危険なところに行きにくいよね。
みすず
はい。分かります。
吉田
だからティーショットの場合は特に危険を回避するためにも目線を低くして、球の弾道も低めにイメージするよ。
あと打ち下ろしのパー3では距離感がつかみにくいよね。
打ち下ろしているので、平地よりも距離が飛ぶということを
計算して打たないといけないね。
番手をロフトのあるクラブに変えて短めに打ちたいね。
みすず
短めに打つと届かない気がしますがチャレンジしてみます。
吉田
経験上、打ち下ろしで高い球を打つとアブナイことが多い気がするね。風の影響も受けやすいし。
特にティーショットではハザードに入りやすい状況になっている場合が多いからね。低いライナーで速く地面に着地するイメージが良いんじゃないかな。
みすず
ありがとうございます。
今度、私も「打ち下ろし」でのショットが必要になったら、
『球を低く』というのを意識してやってみます!

☆~~~~☆~~~~☆

吉田さんに聞いてみたい、ちょっとした質問等ありましたらFacebookのコメント欄にお知らせください。

日本ゴルフスイング研究所

 

<<【ザ・シングルプレーヤーニューズ】>>———————————————–

シングルプレーヤーのためにスイング構築のヒントをメールマガジンとオンラインレポートで配信しています。

有料の価値の情報を無料で配信しています。

 

特に現在80台~70台後半のスコアからパープレー以下を目指して飛躍したいと思っている方は読んでください。

気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除できます。

 

ローリスク・ハイリターンです。

【ザ・シングルプレーヤーニューズ】

無料メルマガの登録はこちらから。

無料メルマガを購読する

—————————————————————-

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント

吉田洋一郎の情報はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

吉田洋一郎オフィシャルホームページ  

http://hiroichiro.com/

—————————————————————-

 

LINEで送る
Pocket